JAZZ SUMMIT TOKYO VOL.7 WINTER FESTIVAL 2016

昨年度開催され話題を呼んだSUMMER FESTIVALから約一年半の月日を経て、
"90年代生まれのアーティストを中心に構成されたジャズフェスティバル"を今年も開催します!

会場は、50年の歴史を誇る老舗ライブハウス新宿PIT INN。
日本のジャズの中心地で、若手のスタープレーヤーたちが共演します!

そんな本フェスティバルの第一弾アーティストとして、以下の3名の出演が決定!

 ●Nao Kawamura

1992年4月11日生まれのシンガー、アーティスト
洗足学園音楽大学 卒業。R&BやJAZZをルーツに持ち、表情のあるヴォーカルで独自の世界観を創り出す。
現在は澤近立景(Gt)をプロデューサーに迎え共に活動中。2016年4月には渋谷JZ Bratにてワンマンライブを開催、同時に6曲入りEP "AWAKE"を発売。2016年 7月にはFUJI ROCK FESTIVAL '16 “ROOKIE A GO-GO”に出演。現在2017年発売予定EP制作中。
ソロ活動の他にも、SuchmosやSANABAGUN.、リベラルaka岩間俊樹やWONKでのコーラス、フィーチャリングでの参加もしている。

●澤近立景(さわちか たかひろ)
ギタリスト、アレンジャー、コンポーザー。ジャズをベースに様々なスタイルでの演奏や作編曲を得意とする。洗足学園音楽大学出身。Nao Kawamura、Yordan Markov ブルガリア五重奏団、宮﨑 薫、Pot Heads Plusなどに参加中。

2013年 柴田淳 Billboard / Blue Note Tour
2014年 上間綾乃 Tour / 情熱大陸フェス
2015年からはNao Kawamuraのプロデュースを始め、2016年 Fuji Rock Fes.に出演。

●勝矢匠(かつや たくみ)

1991年生まれ。湘南平塚育ち。14歳からエレキベースを独学で始め、明治学院大学入学後コントラバスを始める。
在学中よりアーティストのサポートやレコーディング、セッションライブに参加。
また名門、早稲田大学ハイソサエティオーケストラにてレギュラーベーシストを務め、山野ビッグバンドジャズコンテスト、太田市ビッグバンドジャズコンテストにて二年連続(2013,2014)優勝をする。
大学卒業後本格的にプロ活動を開始。
歌心を大事にした自由奔放なグルーヴを武器に様々なジャンルで活動。
2016年にはNao Kawamura Bandの一員としてフジロックに出演し活動の幅を広げている。


オーセンティックなジャズをルーツに持つ三人が、果たしてどんな共演を見せるのか?
乞うご期待ください!

Comment