どうも、JAZZ SUMMIT TOKYO広報 杉浦です。

 

 

さて今回は、前回に引き続き桑原あいさんの取材記事をお届けします。

早速どうぞ!

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

前回の続き)

 

額田(JAZZ SUMMIT TOKYO):私たちにそういう権限がなくて申し訳ないんですけど・・・。(笑)僕、よくアニメーション音楽を作ってるんですけど、ジャズの要望多いですよ。

 

桑原あいさん(以下敬称略):あ、本当に!

 

額田:同世代の人たちで一緒に製作すると、「ジャズでお願いします。」っていうのが多くて。そういう時には石若さんとか引っ張ってくるんですけど・・・(笑)

 

桑原:そういう時はスイングになるんですか?『A列車で行こう』的な・・・。

 

額田:イメージはそうです。ジャズといえばスイングで・・・という認識は多いですね。

 

桑原:私はクラシックから(音楽を)始めているんです。姉が二人いて、一番上は現代音楽の作曲家で、二番目は映画音楽とかやってるので、家の中では、ただ音楽があるっていう状況だったので、ジャズとかクラシックとかあんま(ジャンル分けの認識が)なかったんですよ。昔から。先生に「あいちゃん、リズムの音楽やれば?」って言われたことがきっかけで、ジャズ/フージョンに入っただけで。昔から、ジャンルを分けて音楽を学んできてなかったんです。ただ、ジャズに対する(一種の固定された)イメージを持つ気持ちもわかるんだけど・・・。例えば、私は「海っぽく演奏して」って言われた方が意外と弾きやすかったりするんです。リズムを指定されると、どうやればいいかわかるんですけど・・・わかんないんですよ。その・・・なんていうんだろう、「このリズムでテンポこれで・・・」って指定された時に、「それはわかるんだけど、内容は?」「どんな風にしたらいいの?」ってなる。「ジャズで!」って言われて、「ジャズで・・・?なんのジャズで?」「色は何色ですか?」みたいな。常にそういう感覚なんですよ。人に叩いてもらう時には「季節の移ろいを表してるコード進行だからそういうアドリブをしてくれ」みたいなことを言うタイプなので。「このスケールを使って・・・」とは言いません。師匠がそういう人だったっていうのもあって、言わないんですよ。アカデミックに、ではなくて、感覚で作り上げていきたいって思ってるので。アンサンブルは特に。だから、ジャンルでパッパッて分けられるのは、腑に落ちないなあ、って常に思ってます。

 

 

 

額田:この前、角田さんに取材にした時は、「僕は自分のやっている音楽はジャズだと思ってない。むしろポップスだ。」とっておっしゃってて。桑原さんもそういう考えはあるんですか?自分は何か、と問われた時に、なんでもないのか、それともあくまでジャズのミュージシャンなのか。

 

桑原:ジャズの歴史の一部になりたいとは思ってます。・・・最初の話に戻りますけど、ジャズというフィールドが広くなってるから、自分の思うジャズをやりたいと考えてるので、それは一般的にイメージされるジャズとは違う可能性は高いと思います。「ジャズをやりたい」とは思ってるけど、それはいわゆるジャズのイメージとは違うジャズかもしれない、っていうのを柔軟に受け止めた状態で、“ジャズ”をやりたいかんじですかね。ポップスがいい、とか、もはやそういうことを思わなくなりました。ジャズですね。私は“ジャズ”をやりたい。

 

 

・ジャズライブの魅力について

 

額田:次の質問に。ジャズを浸透させるためには、ジャズライブの面白さを言葉で伝えるってことがもしかしたら重要なのかもしれない、って考えてまして。「とりあえず楽しいからきてよ!」って言われても、わかんないじゃないですか。

 

桑原:わかんないね。(笑)わかんないよね。

 

額田:言われた方も、困るじゃないですか。(笑)そういう時に答えるとして、ミュージシャンの目線でジャズライブの良さみたいなものを、言葉にするとどんな風になりますか?

 

桑原:言葉にすると・・・?無理でしょー!(笑)今の時代、YouTube見せるのが一番でしょ。

 

額田:そうですよね。YouTubeは、一番音楽を聴かれているメディアですもんね。

 

桑原:ですよねー。Vimeoとかもありますけど、結局一番手っ取り早いのはYouTubeですよね。だってブックマークにあるじゃん?(笑)だから一番早いのはYouTubeなんだろうなー。でもYouTubeじゃわかんないことはたくさんあるからなー!

 

額田:そうなんです。YouTubeで満足しちゃって、ライブに来ないっていう・・・。

 

桑原:違うんですよ!!!!

 

額田:ですよね!そこを言葉にできたらいいんじゃないか、ということなんです。言葉じゃなくてもいいんですけど、そこをうまく伝えられたらいいんじゃないかっていう・・・。そこをどう乗り越えたらいいのかっていうのが難しくて。

 

桑原:そうなんですよね。

 

額田:角田さんの取材の時にも、「YouTubeに勝つには・・・」という話はあったんです。

 

桑原:んー。私自身、CDを一枚買うなら、1つライブを観るタイプなんですよ。

 

額田:へー!

 

桑原:自分で見たものしか信じたくなくて・・・もちろんCDも結果的に買うんですけど。(笑)でも、私は気になる人のライブには行くタイプなので、結構いろんなライブを観ます。その後にCDを聴いて、グルーブがCDのグルーブだったりするじゃないですか。そうすると、「これもこれでアリだけど、やっぱりライブだよなー」って、私思うんですね。ジャズ研の方々とかの、CDを回して聴いて、それで評価して終わる、っていうのはすごい寂しいなって思っていて。そんなことするなら、なんでもいいからライブ行ってみればいいのに!って思うんです。ジャズをやりたいって人ですら、そういうことをしてしまう時代だから・・・ライブ好きな人がジャズ研に一人でもいれば、もっとみんな行くだろうし。(桑原さんのマネージャーの)市川さんはミュージシャンじゃないけど、めっちゃライブ行く人なんですよ。それは生の刺激を受けたからだと思うんです。だから、一回誰かしら行けば伝染していくと思うんですけど、その一人がなかなか現れないっていうのが実際だと思います。

 

 

 

 あとは、日本は特にそうだと思うんですけど、街中に音が溢れすぎてると思います。日本は、お店に入れば必ず音楽が流れてるじゃないですか。渋谷なんてあのオープンな状態でいろんな音楽が流れてるから・・・それで、みんな音に満足してんじゃないか、って思ってて。ヨーロッパに行くと、ほぼ街中に音ないじゃないですか。代わりに、ストリートミュージシャンが演奏してるんですよ。生楽器で。なぜか駅のホームで演奏してたり、電車の中でいきなりピアニカ吹き出したり。(笑)だから、音楽やってる人/やってない人みんなが、生楽器に興味があるんですよ、ちゃんと。でも日本は劇団四季さんがオーケストラやめたぐらいだし・・・経費削減とかその気持ちもすごいわかるし、音楽がやりにくい時代になってるから、わかるんだけど、それにしてもみんなが雑音を音楽だと思いすぎだと思っていて。なんでそんなにいろんな音を聞いてて、ノイジーだと思わないのかなあ、と思うんですよ。その音が音楽であるかっていう以前に、音が雑音の音か、音楽の音かそれすらわからなくなってごちゃごちゃになってるんじゃないかっ、て思うんですよね。そうして、(音に)心が満足しちゃうと、その次に行こうとしないじゃないですか。だから普段、私はシャットアウトしちゃうっていうか・・・職業病で音楽聞くと気になっちゃうタイプだから、クリエイトするときは本当にシャットアウトしてる状態で過ごしてて、そうすると、「ほしいなあ」と心が欲するから、もっともっともっとライブも行って劇団も行っていろんなもの見よう、と思うようになるんです。でも常にそういう(音が溢れている)中にいるとそれが普通になっちゃって、「もっとほしい」っていうボルテージがずっと変わらなくなっちゃって、ライブに行くとか、生音っていう考えが、もう無くなってるんじゃないかなって思ってます。ミュージカルを見てても、生音のミュージカルとそうでないミュージカルと、私にとっては全く違うんです。演奏してるすごさっていうのは物凄くあるし、音楽っていのは、人と人とがいてこそのものだと、私は思ってるから・・・。例えば、音が鳴ってない店がいっぱいあって、ストリート(ライブ)もOKで、っていう街だったら、もしかしたらもっとライブに行こうっていう人が増えるのかなって思ったりもします。実際、(パリの)オペラ座ってずっと満員なんですよね。毎日やってるのに。満員なんですよ。それってやっぱり生のものを見たいって、普段から思ってるからなわけで。立ち見席は4ユーロとかで見れたりするんですよね。その安さだったら見に行くわ!っていう。(笑)めちゃくちゃ安い。フィルハーモニー聴けるんですよ。その状況が素晴らしくて!

 

額田:日本人とは感覚が違うわけですね。

 

桑原:感覚を磨くことって、すごい大事じゃないですか、音楽をやるにあたって。で、音楽に興味を示すってことも、感覚の問題だと思うから、常に音が鳴っていて、騒音の中にいる状況だとそれ(生音への欲望)を作り出すのっていうのはすごい難しいんじゃないかなって正直思ってます。

 

額田:劇場関係だと、日本は最も国からの支援が少ないんですよね。フランスの30分の1とか。

 

桑原:そうそう!そうなんです。素晴らしい役者/演奏者はたくさんいらっしゃるのに。惜しいところだと思う。本当に。

 

 

・最後に

 

額田:最後の質問なんですけど、桑原さんからJAZZ SUMMIT TOKYOを見てて、批判とかでもいいので、思ったことを言って頂けますか?

 

桑原:単純に、結成したことがすごいなって思ってます。自分も1991年生まれだし・・・さっきいろいろ喋った音楽のこれからのあり方とか、どうするべきかってことをすごい考えてたけど、誰かと共有してそこを変えようってところまで至らなかったから、自分のプロジェクトをやっている訳であって・・・。ピアニストっていうのもあるかもしれないんですけど、性格が割と内にこもりやすくて。自分自身を高めるために、己と戦うような精神でやってきたタイプだったので、ジャズセッションに行ってもなかなか馴染めなかったり、結構緊張しいで。誰かと一緒にムーブメントを起こすっていう考え方をした4人が集まったってことが、まずすごいムーブメントだと私は思ってるから・・・だから、私がそこにオファーもらったってこと、そこ自体にすごい意味があるなと思っています。なかなか入り込めなかった他人とのコミュニケイトな場所に、行かなきゃいけないっていうのもひしひしと感じているから、誘ってくれてありがとう、って本当に思っています。(JAZZ SUMMIT TOKYOは)今が一番頑張り時なんだろうなっていうのもすごいわかるから、「私も出来る限り行動を起こそう!」って思ってます。力強いです。とても。

 

額田:今までも、こういった動きはあったらしいんです。

 

桑原:いろいろあったと思います。でもやっぱりどっかで、挫折しちゃいますよね。

 

額田:運営の面が弱い、っていうのはあるみたいなんですけど、今のところはうまくやってます。これからなんですけど・・・。

 

桑原:いろいろヒントがこれからいっぱい出てくると思うんで、私も見つけたらお伝えしたいし、いろいろ話したことも、答えが見つからないままでやってるので、答えをみつけたら共有できたらなって思うし。・・・すごい嬉しいです。同年代じゃないですか。ほんと、嬉しい!っていう感じなので、頑張って下さい!っていうか・・・・頑張りましょう!みたいな。(笑)頑張りたいですね・・・?・・・頑張り合いましょう!それだ!(笑)

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

いかがでしたでしょうか・・・!

 

【ジャズ(英 : jazz)】

二〇世紀初頭アメリカのニューオーリーンズに発祥したポピュラー音楽。アメリカ黒人の民俗音楽とヨーロッパ音楽の融合によって成立。四拍子の第二、四拍にアクセントをおく躍動的なオフ-ビートのリズム、即興的演奏などを基本的特徴とするが、演奏形態も手法スタイルも今日では伝統的なものから前衛的なものまで非常に多様化している。

(MacBook Air 国語辞典)

 

言葉の意味は時代と共に変化していきます。

「意味を間違えやすい日本語」として、”姑息” ”煮詰まる”などの日本語がたくさん挙げられています。(原意を知っていますか?)

ただ、長期的な視点から見たら現在の用法が間違いかどうかは分からないわけで。

「多数派が正しい」ということであれば、現在の間違いが後に多数派になるとその間違いも「正しい」ことになります。

 

同様に、「ジャズ」が「ロック」と同義になったり、「音楽」と限りなく近似する可能性だってあるわけです。

そんな流動的な「ジャズ」の現在形進行形を、きちんと捉えようとすることは必要だと思います。

「ジャズ」の括りが、どこからどこへ動いているのか。

何を包含し、何を排除しているのか。

 

8/29(土)が、みなさんの「ジャズ」の括りを捉え直すいい機会になることを願っています!

詳しくはこちら

 

 

それではまた次回!

 

 

JAZZ SUMMIT TOKYO広報 杉浦

 

Comment